こんにちは!
現在あたらしいオンライン講座の準備に忙しくしています。

この講座は、私が長年チョークアートを描いてきてチョークアートをもっと楽しんで描くということに注目して作った新しい講座です。

何が新しいかというと・・・

詳しくは10月にリリースとなりますが今日は少しだけお知らせします!

 


 

今までも私のチョークアートは短時間で描ける簡単さというものを伝えてきました。
今回はさらに簡単に(気楽に)描くチョークアートを紹介したいと思っています。

そして、ただ看板や絵として飾るだけではなくカットしたり、貼ったり、消したりすることが出来るという今までのチョークアートにはなかった方法で描きます。

私は、これまで日本全国でチョークアート看板を描くプロの仲間を育成するためにカリキュラムを作成してきました。現在は日本チョークアート協会のプログラムとなっています。

私が沖縄に移住し、看板制作に集中するようになって改めて思うことは、チョークアートが今度はもっと趣味として幅広い年代そして絵を描いてきた人、描いてきていない人にも楽しんでもらいたいという想いでした。

それは、チョークアートを子供に指導したいという絵画教室の先生方と接したり、プロを育てる目的以外でチョークアートを教える機会を設けた時に感じたことでした。

ひとつの作品を自分で仕上げることの喜び満足感、そしてワクワク感。
これらは、チョークアートを描くときに私もずっと感じてきたことです。

 


 

チョークアートを教えているときに思うのですが、ある程度大人になると、正確に描くという事が目的となってしまい、どうしても写実的に描こうとします。

そして、細かなところが気になってきて描きなおしたり、加えたりします。
私はチョークアートを描く時、ほぼ後戻りせずどんどん進んで描いてゆきます。

失敗したと思っても描き進めて、最後に必要な個所だけ修正をおこないます。そうすると、色は透明度が増し、パステルの筆圧、勢いはそのまま保つことができます。さらに、スピードがとても速いです。

今回はそんな描き方を皆さんに紹介したいと思っています。頭であれこれ考えずに感覚的に描く楽しさを知ってほしいのです。人には右脳と左脳があり、役割が違うと言いますよね。

言ってみれば、いままで左脳で計算して描いていたことをやめて、右脳で感じたままに表現してみるということを意識することなんです。口で説明すると難しいですが、そうすると、うまいとか下手とか忘れてきます。そういった視線から講座を作っています。

長くなりましたので、今日はここまでにします。

興味のある方は、是非ホームページにある講座の紹介動画をご覧ください。

チョーク・デコール

今回の講座はチョーク・デコールという講座です。
チョークアートで家をデコレーションしアートするという意味を込めて作りました。

講座詳細および募集に関しては10月上旬に公開の予定です。どうぞお楽しみに!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。