こんにちは!
2018年12月15日からチョークカリグラフィ講座および、チョーク・デコール講座の受講生の募集が始まりました。チョークカリグラフィは4期、チョーク・デコールは2期の生徒さんを募集しています。

チョークカリグラフィ講座は、第1期の生徒さんたちがそろそろ卒業で、皆さんからの感想を頂きましたので、講座詳細の一番下に掲載しました。感想を送って頂いた生徒さんありがとうございます!

チョーク・デコール講座のほうは、内容が若干複雑なので、伝わりにくい部分もあるかもしれません。私自身も講座詳細で文章を何度も考えたつもりなのですが、実際に受講されている生徒さんのコメントのほうが伝わるかもしれません。是非ご覧ください。

アーティチョークでは「生活をクリエイティブする」というテーマで、来年も様々な講座を作っています。生活をクリエイティブにすると、大きなことをしなくたって楽しいんです!近くの公園の散歩も、料理をしている時も、様々な発見があります。

先日、染色家である柚木沙弥郎さんをテレビで見ました。その番組の中でこのような意味合いのことを言っていました。何気ない生活の中で、面白いものを見つけて表現する。それが木の枝だったり、バスに並ぶ人々の横顔だったり、自分の爪の形だったり。面白いなと思ったものを、自分の目と手を通してアートにする。そういう生活の中で生まれた素朴なモチーフって、どこか懐かしさややさしさを感じます。とにかく柚木さんはおもしろくなくちゃ!と言います。

私も先日京都で山の中を散歩をしていた時、湿気が多い朝もやの中で、ふと足元を見ると、鮮やかな黄緑の苔にこげ茶の枯れ葉が入り混じっていて、その色のコントラストと質感の違いが美しくて絵にしたいと思いました。こういう事って、心が忙しかったり不安だったりすると、その面白さを楽しめないんです。

今はいろんなモノもあるし、経済活動の中で作られた様々な楽しみを味合わせてくれる場所は沢山あります。でも、私はそういった楽しみを、沖縄に越してから楽しみと感じなくなってしまいました。私と同様にそう感じている人も中にはいるかもしれません。

長くなってしまいましたが、講座のご案内をさせて頂きました!

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。